百名山・雨飾山

妙高戸隠連山国立公園に連なる「雨飾山」は新潟県と長野県にまたがる日本百名山の一つです。深田久弥の著作にあるように、荒々しい岩場や布団菱、爽やかな稜線が広がる笹平、そして可憐な高山植物など、さまざまな山の姿を楽しめます。また山頂からは駒ケ岳や白馬三山、遠く能登半島まで、ぐるっと360度・パノラマの景色がが広がります。

雨飾山の紅葉

10月初旬~中旬にかけて、雨飾山はゆっくりと色づきを増し、登山の方の目を楽しませてくれています。
赤や黄色、オレンジに彩られた紅葉は一見の価値ありです。
今年は10月中旬ごろかピークと予想されます。

雨飾荘の登山プランです!

小谷温泉側の登山口に一番近い宿・雨飾荘では6月から11月にかけての登山シーズンは雨飾山登山の拠点として、多くの方にご利用いただいております。前泊のお客様には源泉かけ流しの天然温泉と、信州の食材にこだわった会席料理で英気を養っていただき、下山後のご宿泊のお客様には登山の疲れをしっかりと癒していただいております。雨飾荘では雨飾山登山のための特典一杯のお得な「登山プラン」をあげておりますので、ぜひご利用ください。プランはこちらから

雨飾山のお花

雨飾山は雪どけから紅葉の秋まで四季折々のお花が咲きます。登山口付近のミズバショウから始まり、チングルマ、イワカガミ、シラネアオイ、ハクサンフウロなどが登山道のわきに咲き、登山者の方の目を楽しませてくれています。