山菜料理

雨飾荘のある小谷(おたり)村は希少な山菜の宝庫!雪解けとともにフキノトウやコゴミ、山わさび、タラの芽、ヤマウド、アザミ、イラクサ、コシアブラ、ネマガリダケなどが豊富に採れます。


その土地だけで呼ばれている山菜の名前を覚えるのも、お楽しみの一つ。
雨飾荘のある小谷(おたり)村では「フキノトウ」のことを「チャンメロ」と呼んでいます。雪解けとともに春を告げる軽快な響きが感じられて、いい名前ですね。

雨飾荘では、その日採れた山菜を余すところなく使用し、お客様にご提供しています。

定番のてんぷらは、揚げたてにこだわってご提供しております。



山菜の持つ独特の香りや味はもちろん食感もそれぞれです。何が揚がっているかお分かりになりますか?
山菜料理のもう一つの定番、お浸しも前菜などでお出ししています。



それぞれの山菜によって微妙に違うゆで加減や、個性に合わせた味付けをお楽しみください。
雨飾荘では期間限定の「山菜プラン」をあげております。その日限りの山菜尽くしの会席コースでお迎えいたします。
この時期だけの「野山の恵み」をご堪能ください!

※山菜は冬の間にたまった老廃物を体外に出すともに腎臓をろ過し、胃腸を活性化させる働きがあるといわれています。