雨飾山紅葉情報

百名山・雨飾山や景勝地・鎌池、大渚山などを抱える雨飾高原は、紅葉の名所としても親しまれています。
10月から11月にかけて、1年の中で最も華やかな景色に彩られる時期といえます。
雨飾山の日めくり情報はこちらからどうぞ!

9月末の紅葉

9月も中旬を過ぎると、雨飾山は徐々に秋の装いになってきます。


紅葉にはまだ少し早いですが、荒菅沢付近はゆっくりと色づきが始まります。



大渚山から見た雨飾山です。9月はある程度気温も下がり、日照時間も長くなるので、心地よい登山が楽しめます。雨飾山の登山には最適な時期かもしれません。

10月上旬の紅葉情報

10月に入ると雨飾山も一気に秋の装いとなります。



夏の暑さや、9月のお天気にもよりますが、例年10月の上旬から雨飾山は紅葉が始まります。
10月に入り冷え込みが進むと、日に日に黄金色に染まっていく雨飾山を楽しめます。



ブナの原生林やナナカマド、カエデなどに囲まれた登山道は、まるで紅葉のトンネルのような装いとなります。



本格的な秋の登山シーズンともなります。登山道が狭い個所などではちょっとした渋滞となる場合も。
特に、土・日曜日は駐車場も含め混雑が予想されます。できれば平日にゆったりと登りたいものですね。

紅葉のピーク

10月中旬になると雨飾山は頂上からふもとにかけて、見事な紅葉のグラデーションが見られます。



彩り豊かな景色を堪能しながらの登山が楽しめます。



特にオレンジ色が映える、荒菅沢付近です。



荒菅沢でほっと一息される方も多いです。紅葉の景色で英気を養い、さあここから急登となります。



急登が終わると、心地よい風の吹き抜ける笹平です。ここまでくれば頂上もあとわずか。



皆様頑張って最後の難所を登っておられます。



頂上に到着です。この時期は北アルプスの山々も冠雪が始まり、頂上からの見晴らしは格別です。紅葉をじっくり楽しみながらの下山もお楽しみください!
雨飾荘では「雨飾山登山プラン」をあげております。朝食お弁当と登山の携帯食、またお帰りの入浴もサービスするとてもお得なプランです。
詳しくはこちらからどうぞ!

鎌池の紅葉

雨飾高原の景勝地の一つに鎌池があります。



周囲2キロの小さな鎌池(標高1,190m)は、草を刈る鎌に似ていることからその名が付けられました。普段は静かな鎌池も秋の紅葉の時期は、違った顔を見せます。



10月の中頃に紅葉のピークを迎えます。御覧のような水面に映り込む紅葉をねらって、たくさんの方が訪れます。特に快晴の日の午前中は多くのカメラマンでにぎわいます。



水面に浮かぶ落ち葉もこの季節は特別な彩りを感じさせます。



錦秋という言葉がまさに実感できる光景ですね。



雨飾荘にお泊りの際は、ぜひ一度訪れてみてください。当館から車で約10分ほどの場所にあります。

雨飾荘付近の紅葉

雨飾荘付近は雨飾山、鎌池の紅葉がひと段落ついた10月下旬ごろが見ごろとなります。



近くの遊歩道はこの時期、紅葉を楽しめる散策スポットです。



目にも鮮やかな紅葉が訪れる人を楽しませてくれます。



雨飾荘より徒歩3分の雨飾高原露天風呂もこの時期は格別の光景となりますのんびりと紅葉に包まれた入浴をお楽しみください。



雨飾荘の部屋からは、目の前に広がる紅葉をまるで1枚の絵画のように眺めることができます。
お部屋でゆっくりと移ろいゆく季節を感じていただければと思います。



雨飾荘付近の紅葉は例年11月上旬まで楽しめます。特に北アルプスが冠雪した後は三段紅葉も眺めることができます。
紅葉映える雨飾荘のご予約はこちらからどうぞ!

晩秋の雨飾山

10月末から11月上旬にかけては雨飾山の初冠雪が見られる時期です。
そこから徐々に冬に向けて雪化粧をしていきます。



この時期の登山はアイゼンが必要となりますので、くれぐれもしっかりとした装備でお出かけください。



空も澄んでご覧のようなきれいな景色も見られます。
登山口への道路もは1月末には閉鎖され、ひと時、静寂の季節となります。12月以降は荘厳な山容となり、厳冬期を迎えます。
遠い春を待ちわびて、雨飾山と雨飾高原はしばしの冬眠となります。